テイクオフ:日本からシンガポールに…

日本からシンガポールに来る際、2匹の猫を連れてきた。事前に航空会社に連絡し、貨物室のスペースを確保。搭乗に当たっては、万一のことがあっても責任は問わないとする同意書を書いた。まれとはいえ、輸送中にペットが死亡するケースもあるからだ。

最近そうした不運に見舞われた女性が、航空会社への不満をぶちまけている。愛犬を連れてシンガポール航空の便を利用したが、目的地のベトナムに到着後、告げられたのはペットが死亡したとの事実。しかも犬は飛行機に乗せられておらず、女性は亡きがらを引き取るため、急きょシンガポールに引き返さざるを得なかったという。

女性はスタッフによる犬の扱いに問題があったと主張。同社は遺憾の意を表明し、調査を進めている。法律的にはモノ扱いだが、飼い主にとってペットは家族同然。不信感をぬぐい去るため、何があったか全容を解明してほしい。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの住宅の床…(09/21)

エプソン、プリンターで新商品 レーザーからの置換需要狙う(09/21)

9月第2回COE入札、全5項目で上昇(09/21)

9つ目の産業変革マップ発表、電子部門向け(09/21)

PR TIMES、地場日系企業の事業譲り受け(09/21)

HULS、日本工芸紹介のギャラリー開設(09/21)

訪日シンガポール人客数、8月は27%増(09/21)

金融庁、サイバー防衛の諮問機関設立(09/21)

株価続落、投資会社ジャーディンは2.5%安(09/21)

通信TPG、携帯電話事業に9億ドル投資へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン