深汕特別合作区の開発本格化 深センが主導、産業集積か

深セン市と広東省汕尾市の両市が協力して開発を進める「深汕特別合作区」が、本格的に始動しそうだ。行政管理体制がこのほど固まり、深センが主導して開発に乗り出す。“深センモデル”の管理方法が取り入れられることで合作区への産業移転が進むほか、ハイテク産業の進出も相次ぐ…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:香港在住の日本人同士で…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

貿易戦争で香港経済減速も 政府予測、下期に最大0.3Pか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

2Q成長率4.4%に上方修正、香港大予測(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

続伸、内需関連とIT銘柄が好調=香港株式(07/16)

SFCが企業買収ルール改正、違反で賠償も(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン