深汕特別合作区の開発本格化 深センが主導、産業集積か

深セン市と広東省汕尾市の両市が協力して開発を進める「深汕特別合作区」が、本格的に始動しそうだ。行政管理体制がこのほど固まり、深センが主導して開発に乗り出す。“深センモデル”の管理方法が取り入れられることで合作区への産業移転が進むほか、ハイテク産業の進出も相次ぐ…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

11月のコンテナ取扱量、2カ月連続の減少(12:27)

【書籍ランキング】11月30日~12月6日(12/18)

テイクオフ:訳あって、フィリピン人…(12/18)

スマートシティーに5年計画 政府が青写真、6分野注力(12/18)

上場規則変更を提案、種類株での上場解禁へ(12/18)

香港大手銀4行、金利据え置きを表明(12/18)

続落、騰訊が2%の下げ=香港株式(12/18)

サイノランド、CLP前本部を取得(12/18)

新世界の新築物件販売、今年153億ドルに(12/18)

啓徳旧滑走路開発向けに、インフラ建設へ(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン