テイクオフ:台湾が北朝鮮にとって4…

台湾が北朝鮮にとって4番目の輸出相手、と聞けばまさかと思うかもしれないが本当らしい。9割以上を占める対中国とは比べるべくもないが、それでも16年は1,220万米ドル(約1億3千万円)相当の品物が輸出された。

1990年代初頭に韓国から断交を突きつけられた台湾が、北朝鮮との関係強化を模索した時期がある。その最たるものが原発から出る低レベル放射性廃棄物の処理を北朝鮮に委託するというもの。米韓の反対で立ち消えになったが、そうでなければ「核つながり」ができていたかもしれない。

国連の対北朝鮮制裁も本来、非加盟国の台湾に従う義務はない。もちろん米国第一の台湾がそんなことをするわけはないが、大国の裏をかいぐぐるのが国際社会での小国の生き方。中国が北朝鮮に対するいら立ちを強める中、「敵の敵は味方」の理論でひそかに接触している可能性も否定できないのである。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

M17が米ADR上場取り下げ 低い公開価格、資金調達目標未達か(06/15)

テイクオフ:台湾の葬儀は、奇抜な上…(06/15)

TSMC総裁、半導体産業の展望を楽観(06/15)

半導体封止・検査の売上ランク、中国企業が好調(06/15)

【予定】15日 日銀総裁会見ほか(06/15)

朋程、レギュレーターICを三菱から受注(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン