テイクオフ:地下鉄に乗ると、乗客た…

地下鉄に乗ると、乗客たちが様々な方法で移動中の退屈を紛らわせているのが目に入る。多くの人はスマートフォンやタブレット端末をいじっており、動画を見たり、ゲームをしたりしている。最近は電子書籍を読む人をよく見かけるようになった。専用の端末を使っている人も多い。

中国は今、電子書籍市場が拡大しており、2016年の売上高は約5,700億元(約10兆円)に上ったという。では、電子書籍がこのまま拡大を続け、紙の本は衰退してしまうのか。

先月訪れた上海ブックフェアの盛況ぶりをみるに、必ずしもそうとは言い切れまいと思う。24時間営業やレイアウトを工夫した店舗を開店したり、昨今のシェアビジネスの流行に乗じたか、本のシェア事業を始めたりと、書店側もいろいろな取り組みを展開している。紙を生み出した国の書籍の行方にこれからも注目していきたい。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

自動車金型など減税拡大、来年から税率調整(12/15)

11月の原炭生産2.7%減、9カ月ぶり縮小(12/15)

クラーク空港拡張、メガワイドの受注濃厚(12/15)

観光への影響長期化に懸念 バリ火山、中国人の減少が打撃に(12/15)

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

日系各社、福利厚生で工夫 大気汚染対策や語学学習で駐在支援(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

11月の鉱工業生産、6.1%増で伸び鈍化(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン