揺らぐカンボジアの民主主義 野党党首を逮捕、事業リスクまだ

カンボジアの民主主義が揺らいでいる。3日未明に最大野党・救国党のケム・ソカ党首が国家反逆罪の容疑で逮捕されたほか、6日には政権に批判的で廃刊になった地元紙のトップらが提訴された。国際社会が相次いで政治不安を憂慮する声明を出す中、政府は「内政干渉」だと反発してい…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本政府、港湾電子化・かんがい整備を支援(02/21)

EU制裁は国際対立を激化、野党名誉党首(02/21)

シアヌークビル空港、滑走路延伸が着工(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

シエムレアプに水族館建設、7千万ドル投資(02/21)

越産コメ輸出、条件緩和も中国規制で減速(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン