TPP、知財と労働で凍結要望 「米抜き発効」へ越商議所が提言

環太平洋連携協定(TPP)の発効に向け、米国を除く参加11カ国は、交渉過程で米国が要求した項目の一部を凍結することで早期妥結を探り始めた。米国の要求項目をいったん棚上げする方式は、8月末にオーストラリアで開催された首席交渉官会合を前に日本政府が打診したとされるが…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印との繊維貿易に期待高まる AITIGA、綿糸など関税撤廃(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ビンファスト、SUVを海外に試験出荷(03/25)

越ビングループに10億ドル出資へ、SK(03/25)

ロンタイン空港、5月末がFS報告提出期限(03/25)

韓国の仁川港湾公社、HCM市に事務所開設(03/25)

小売りスペースの入居状況に変化=JLL(03/25)

東北電力、ギソン2石炭火力発電事業へ出資(03/25)

中南部のガス火発案件、複数の外資が関心(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン