首都の自動車路上販売、9割が自主撤去

カンボジアの首都プノンペン中心部の路上で販売用に自動車が駐車されていた問題で、自動車の9割が自主的に撤去されたことが分かった。複数の地元紙が28日に報じた。残りの1割も間もなく撤去される見通しだという。 自動車は旧フリーダムパーク(民主の広場)を囲むように駐車さ…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の建材量販店開業 タイ系グローバル、1万点陳列(11/19)

ポル・ポト元幹部に終身刑、大虐殺で(11/19)

下院議会、19年度予算案を可決(11/19)

北部のセサンダム、来月に本格稼働(11/19)

解党から1年、救国党「民主主義奪還を」(11/19)

配車グラブ、企業向け交通費管理事業(11/19)

政府役職に300人超、専門家「予算の無駄」(11/19)

紙おむつの泰昇、19年末までに新ライン5本増設(11/19)

韓国ASEAN首脳会談、文大統領が提案(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン