首都の自動車路上販売、9割が自主撤去

カンボジアの首都プノンペン中心部の路上で販売用に自動車が駐車されていた問題で、自動車の9割が自主的に撤去されたことが分かった。複数の地元紙が28日に報じた。残りの1割も間もなく撤去される見通しだという。 自動車は旧フリーダムパーク(民主の広場)を囲むように駐車さ…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人観光客数、19年は660万人見込む(17:51)

国内初の高速道路が着工 首都―港湾都市、中国が支援(03/25)

年功補償の過去遡及分、支払い開始年を延期(03/25)

タイ系の新経済特区、環境評価を取得(03/25)

シアヌークビルの汚水処理施設、4月に稼働(03/25)

前首都知事が議員辞職、評議会議長に就任(03/25)

通信当局、電力不足でもサービス維持を要請(03/25)

日本政府、防災対策拠点の整備支援(03/25)

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン