• 印刷する

日本電産、半導体検査製品メーカーを買収

日本電産は21日、半導体検査用プローブカードを製造・販売するシンガポールのSVプローブを買収すると発表した。子会社の日本電産リード(京都市)を通じ、同国の半導体関連設備メーカー、エリプシスから全株式を取得する。買収額は6,500万米ドル(約71億円)。

SVプローブは1994年に米国で設立され、2006年にエリプシスの完全傘下に入った。現在はシンガポールに本社を置くほか、米国、日本、台湾、中国、ベトナムに拠点を構える。買収手続きは10月末の完了を予定する。

プローブカードは、半導体ウエハー上に形成されたチップの電気的検査に用いる治具。SVプローブの製品に日本電産リードの独自技術である通電検査用接触針の微小電気機械システム(MEMS)スプリング・プローブを適用することで、市場競争力の向上を図る。また両社間で最先端の加工・組み立て技術を共有し製造コストを圧縮するほか、販売面での相乗効果も見込む。

日本電産リードは半導体パッケージ基板やプリント基板の通電検査装置、検査用治具などを主力製品とし、近年はタッチスクリーン・パネルの微小容量検査装置や半導体ウエハーの光学検査装置にも事業を拡大している。スマートフォン向けなどにこうした検査装置の需要が増大していることから、SVプローブの買収を決めた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(11/15)

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(11/15)

VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い(11/15)

商工会JCCI、20年1月から部会再編(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

IPCCが知財当局と提携、海外初(11/15)

オートバックス、地場自動車整備社を買収(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

東海東京、デジタル証券取引所運営社に出資(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン