• 印刷する

PM2.5濃度7%減、7月の大気状況

中国環境保護省(環保省)が16日発表した7月の大気汚染状況測定結果によると、地級市以上の全国338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は前年同月比6.9%減の27マイクログラムだった。1カ月のPM2.5平均濃度が国の基準値(35マイクログラム)を下回るのは2カ月連続。

粒子状物質「PM10」は3.9%増の53マイクログラム。同省の測定基準で大気が「優良」となった日数が全体に占める割合は82.5%で、前年同月を6.3ポイント下回った。

地域別の優良日数の割合は、京津冀地域(北京市、天津市、河北省)13都市が50.4%、長江デルタ地域25都市が76.0%、珠江デルタ地域9都市が87.4%。珠江デルタ地域が2.5ポイント上昇したのに対し、京津冀地域は4.9ポイント、長江デルタ地域は2.7ポイントそれぞれ下落した。

主要74都市で大気汚染が深刻だったワースト3位は河北省唐山市、河北省ケイ台市(ケイ=刑のつくりがおおざと)、河北省石家荘市。大気の状況が比較的良好だった都市のベスト3位は海南省海口市、福建省厦門(アモイ)市、チベット自治区ラサ市となった。

全国338都市の1~7月の大気汚染状況はPM2.5平均濃度が45マイクログラム、PM10が78マイクログラムでいずれも前年同期から横ばい。優良日数の割合は76.6%で、3.2ポイント下落した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(14:24)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

テイクオフ:「いまの治安についてど…(10/16)

消費拡大で各方面へ号令 政府が3年計画、車・環境など(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

ラビダが11カ月連続首位、9月のセダン販売(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

中央企業売上高、1~9月は11%増の21兆元(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン