ガラス基板の東旭光電、上期は17%増益

深セン上場で、河北省石家荘市を本拠とする液晶パネル用ガラス基板メーカーの東旭光電科技(東旭光電)が発表した2017年6月中間期決算は、純利益が前年同期比16.5%増の6億3,600万元(約104億5,000万円)だった。主力のガラス基板の生産能力が拡大したことなどが業績に寄与した。…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新国立競技場の建設進む 中国が資金援助、20年末に完成(06/18)

中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

LG化学のEVバッテリー、中国攻略に本腰(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

百世物流科技がEECに170億円を投資へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン