ガラス基板の東旭光電、上期は17%増益

深セン上場で、河北省石家荘市を本拠とする液晶パネル用ガラス基板メーカーの東旭光電科技(東旭光電)が発表した2017年6月中間期決算は、純利益が前年同期比16.5%増の6億3,600万元(約104億5,000万円)だった。主…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

VOC削減計画、重点地区・産業を指定(17:33)

中国製タイヤにAD関税、最大452ドル(15:15)

技能実習職種の追加申請、コンビニの外国人雇用(09/20)

テイクオフ:初めて上海を訪れたのは…(09/20)

輸入の3割が不正な漁獲、天然水産物で違法(09/20)

深汕特別合作区の開発本格化 深センが主導、産業集積か(09/20)

外資企業の知財を守れ 商務省など12部署が集中取締(09/20)

債券通、来月にもDVP決済方式導入か(09/20)

EUが輸入規制緩和、中国製の太陽光パネル(09/20)

苦境の現代自、中国市場への輸出見合わせ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン