10年で650万戸建設、3兆ペソ近く資金必要

フィリピンの住宅都市開発調整委員会(HUDCC)は、低所得層向けの住宅供給を加速するため、向こう10年間で2兆7,200億ペソ(約5兆9,000億円)以上の資金が必要との試算を示した。650万戸の住宅が不足しているとみているためだ。10日付ビジネスミラーが伝えた。 HUDCCの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

海外出稼ぎからの送金、投資する世帯が拡大(16:53)

関税局、密輸防止で沿岸警備隊や軍と協力へ(16:54)

首都圏のBRT2路線、運輸省が棚上げ方針(16:54)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(16:54)

テイクオフ:自動車のことなら任せろ…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

日野の近代化ジプニーが発進 2組合に納車、受注400台以上(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン