10年で650万戸建設、3兆ペソ近く資金必要

フィリピンの住宅都市開発調整委員会(HUDCC)は、低所得層向けの住宅供給を加速するため、向こう10年間で2兆7,200億ペソ(約5兆9,000億円)以上の資金が必要との試算を示した。650万戸の住宅が不足していると…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月に入り、マニラ空港…(08/23)

首都圏中心の住宅賃料が下落 郊外の開発加速で空室率上昇(08/23)

JT、地場たばこの資産買収でシェア27%に(08/23)

薬物取締局のラペーニャ氏、関税局長官に就任(08/23)

PEZA、ミ島の経済振興に大型事業認可へ(08/23)

政府債務の対GDP比、6月末は43%以下に(08/23)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(127)(08/23)

米政府の資金援助、18年度から再開の可能性(08/23)

【アジア自動車データ集】二輪販売(280)(08/23)

違法なオンライン金融、証取委が注意喚起(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン