10年で650万戸建設、3兆ペソ近く資金必要

フィリピンの住宅都市開発調整委員会(HUDCC)は、低所得層向けの住宅供給を加速するため、向こう10年間で2兆7,200億ペソ(約5兆9,000億円)以上の資金が必要との試算を示した。650万戸の住宅が不足しているとみているためだ。10日付ビジネスミラーが伝えた。 HUDCCの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

アルゼンチン企業、3億ペソで海藻加工工場(12/15)

クラーク空港拡張、メガワイドの受注濃厚(12/15)

9月失業率は大きく改善、SWS調査で19%(12/15)

国民の半数が雑貨店で買い物 強い伝統的販路、カンター調査(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

ロビンソンズ、化粧品ECサイト運営に出資(12/15)

17年成長率予想を6.7%に上方修正、ADB(12/15)

政策金利据え置き、26会合連続(12/15)

ビットコイン取引が4倍に急増、中銀(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン