ソニー、有機ELテレビの国内発売を開始

ソニー・マレーシアは9日、同社初の有機EL(OLED)テレビ「ブラビアA1」シリーズを、国内で正式に発売した。マレーシアでも高まる大画面テレビの需要を掴むため、高画質と高音質を積極的にアピールしていく。テレビを軸にしたソニー製品全般の販促も強めていく。

ソニー・マレーシアは同日、クアラルンプール(KL)市内のショッピングモール「ミッドバレー・メガモール」で、「ブラビアA1」の正式発売イベントを実施した。OLEDパネルが、フルハイビジョン(HD)の約4倍の解像度を持つ4K映像を忠実に再現。また、OLEDパネルそのものがスピーカーとなる「アコースティックサーフェス」技術を採用し、音の臨場感も高めている。サイズは65インチと55インチの2種類で、価格はそれぞれ2万9,999リンギ(約77万円)と1万6,999リンギ。すべてマレーシア国内工場で製造する。

同社の荒井聡社長は、OLEDテレビ市場は今年から各社の開拓がはじまったばかりで、拡大が確実視される市場だと指摘。シェア拡大に意欲を示した。

また、同イベントでは、テレビのほかにデジタルカメラのアルファ・シリーズ、スマート機器「エクスペリア」シリーズ、オーディオ機器など、ソニー製品も多数展示し、販売を行う。荒井社長は、技術力とデザインで「消費者の心に刺さるようなソニー製品」を、単体ではなく組み合わせて「ライフスタイルそのものとして提案していきたい」と語った。

■シーゲームスの公式カメラに

ソニー・マレーシアは同日、デジタル一ミラーレスカメラの最高位モデル「アルファ9」が、第29回東南アジア競技大会「シーゲームス」と第9回東南アジア身体障害者スポーツ大会「ASEANパラ・ゲームス」の公式カメラに選定されたことも明らかにした。開催期間中、プレスセンターに本体50台と交換レンズを貸与して各国のカメラマンに使用してもらい、ブランド周知を図る。

シーゲームスとASEANパラ・ゲームスは、今月19日からKLとその周辺地域を会場に開催され、ソニーも協賛スポンサーに名を連ねている。

ブラビアA1の発売を発表したソニー・マレーシアの荒井社長(左から2人目)と同社幹部=9日、クアラルンプール(NNA撮影)

ブラビアA1の発売を発表したソニー・マレーシアの荒井社長(左から2人目)と同社幹部=9日、クアラルンプール(NNA撮影)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長野県生まれだが、故郷…(02/21)

総選挙日程に熱視線 融和か盤石の勝利か、区割り焦点(02/21)

総選挙、期日前投票の登録受け付け開始(02/21)

RM=27.4円、$=3.90RM(20日)(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

ロハス、電力テナガから送電網2事業を受注(02/21)

ゴム手袋輸出が過去最高、世界で6割がマ製(02/21)

REIT業界、今年の利益成長率は6%(02/21)

消費財キノ、マレーシア企業と合弁2社設立(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン