テイクオフ:香港に着任してから10…

香港に着任してから10カ月がたつ。初めは日本に近いこともあり、頻繁に帰国すると想定していたが、さすがは「輸入大国」の香港。街には商品があふれ、買い物のための帰国などは全く必要ないことに気が付いた。

最近では、サウナの中にいるような高すぎる湿気と街中を行く人の歩みの速さにも慣れ、さほどストレスも感じなくなってきた。注意しているとすれば、そびえ立つ高層ビル群に圧倒されながらも、頭上から降ってくる室外機の水滴を日々、避けることぐらいか。住みやすいとは聞いていたが、こんなに早く順応するとは正直思いもしなかった。

そんな香港を離れる時が早くもやって来た――。新天地は赤道直下の国。実に短かい時間だったが、次の環境に慣れるまでの口癖は「香港では」と、しばらく比較から入ることになるだろう。(樹)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

UAシネマズ、映画館を来年3軒開設(12/15)

政策金利を0.25%引き上げ、今年3回目(12/15)

反落、HSBCの下げ響く=香港株式(12/15)

デロイトと中国人寿、保険販売でDLT開発(12/15)

テンセント、「デジタル経済」で珠海と協力(12/15)

中国電信など3社、データセンター1期稼働(12/15)

モバイル決済、香港の夜市にもじわり(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン