テイクオフ:台湾の銀行に行くと必ず…

台湾の銀行に行くと必ず見かけるのが「涼み客」。特に用事もなく、クーラーを全身に浴びてぼーっとしている客のことだ。そんな客の姿がめっきり減った。

連日37度を超える日が続き、電力使用量が急増したことを受け、台湾電力は2日連続で電力の供給制限警戒を発令した。行政院も節電のため、公共機関に午後1時から3時までエアコンを停止するよう命じた。

公営の台湾銀行は率先して節電に協力。160基分のエアコンを停止し、行員はうちわ片手に業務に当たっている。行員は勤務先の方針ということで我慢しているようだが、客は猛暑の中、オアシスにたどり着いたら蜃気楼だっただけに、憤然としているようだ。

気になるのは「涼み客」の行方。飲食店だとお金がかかるし、家電店ではゆっくり座れるところがない。涼みスポット検索アプリの開発に商機があるかもしれない。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

復活「旧山線」を通勤路線に 34億元投資、21年にも運行へ(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

ビナコミン、台湾企業と電気トラック生産へ(12/15)

シャープ、東証1部復帰で社員に3万円支給(12/15)

半導体製造設備の帆宣、受注旺盛で工場拡張へ(12/15)

群創、3Dインセルタッチ技術を開発(12/15)

電子部品の信邦、苗栗の新工場が年末完工(12/15)

中華電信と宏偉、スマートエレベーターで協力(12/15)

受動デバイス各社、需要増背景に生産能力拡大(12/15)

瑞儀、アップル向け出荷好調で4Q業績に期待(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン