東急電鉄、初の分譲住宅開発 サンシリと首都にマンション建設

東京急行電鉄は8日、タイの住宅大手サンシリと合弁会社を設立し、同国の首都バンコクでコンドミニアム(分譲マンション)を開発すると発表した。事業規模は推定20億バーツ(約66億5,000万円)。東部チョンブリ県のサービスアパートに続くタイで2件目の住宅事業で、分譲住宅の開発…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

野村不が初サービスアパート オリジンと合弁、駐在員に照準(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

日通、アマタナコン新倉庫を来年8月開業(12/15)

住商ロジのパトゥムタニ倉庫がハラル認証(12/15)

近鉄エクス、プラチンブリ倉庫の面積2倍に(12/15)

ウーバー、自社ブランドタクシーを19日投入(12/15)

高速鉄道の調査終了、新幹線導入へ報告書(12/15)

中タイ高速鉄道、今月21日に着工(12/15)

東芝エネシステムズ、太陽光モジュール受注(12/15)

トヨタ系2社、量子力学応用の交通実証実験(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン