• 印刷する

PP触媒プラントが生産開始、三井化学の合弁

三井化学(東京都港区)は、ロッテケミカルと折半出資により設立したロッテ三井化学(旧湖南三井化学)が、4月からポリプロピレン(PP)触媒プラントの受託生産を開始したと発表した。

合弁会社の資本金は1,850万米ドル(約18億2,960万円)。生産場所はロッテケミカルが全羅南道・麗水に所有する第3工場内で、2011年12月に着工し昨年11月に完工した。

三井化学の高いポリプロピレン触媒製造技術を用いて、自動車や家電などに幅広く使用されているポリプロピレンを生産するための触媒を製造する。事業費と年産規模は未公開。

三井化学関係者はNNAの取材に対し、「当社は海外での売上高が全体の9割を占める。これまで日本国内のプラントでのみの生産だったが、他の生産拠点を求めていた」と説明した。今回の営業運転開始は、課題であったポリプロピレン触媒のグローバルな生産体制確立のための重要な一歩となる見通し。

ロッテ三井化学は、湖南石油化学のロッテケミカルへの社名変更により湖南三井化学から社名変更した会社。【関連記事=2010年10月6日】


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

セルトリオン販売子会社、豪の医薬品協会加入(15:37)

LGDが有機EL増産、プレミアム製品強化(13:44)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

韓国企業、格付け軒並み悪化 輸出規制強化で先行きも不安(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

韓国与党「経済侵略本格化」と批判(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

WTOに韓国も高官派遣、日本に対抗(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン