BPO業界に自動化の荒波 電話業務下火、中国が競合国に

フィリピンの主要産業であるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)が、岐路に差し掛かろうとしている。自動化や人工知能(AI)を採用する動きが世界的に高まり、公用語である英語を生かしたコールセンタ…

関連国・地域: 中国フィリピンインド
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港湾運営、2千万ドルでクレーン導入(10/20)

韓国とインフラ向けODA交渉、年内調印へ(10/20)

フィリピン大は75位に低下、アジア大学番付(10/20)

トヨタ現法、振興策向け投資に10億ペソ追加(10/20)

ジェイテクト、12月から電動パワステ生産(10/20)

画像処理モルフォ、スマホ最大手がソフト採用(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

パナソニック、販社に空調専門チームを設置(10/20)

預金準備率を段階的に引き下げ、中銀総裁(10/20)

マラウイ債、来年1月に300億ペソ発行へ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン