BPO業界に自動化の荒波 電話業務下火、中国が競合国に

フィリピンの主要産業であるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)が、岐路に差し掛かろうとしている。自動化や人工知能(AI)を採用する動きが世界的に高まり、公用語である英語を生かしたコールセンター業務が下火になる恐れが出てきた。国策として業務委託の産業を…

関連国・地域: 中国フィリピンインド
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

国民の半数が雑貨店で買い物 強い伝統的販路、カンター調査(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

ロビンソンズ、化粧品ECサイト運営に出資(12/15)

17年成長率予想を6.7%に上方修正、ADB(12/15)

政策金利据え置き、26会合連続(12/15)

ビットコイン取引が4倍に急増、中銀(12/15)

14日為替:$1=50.470ペソ(↑)(12/15)

地場石油大手、LPガス事業でルソン進出(12/15)

トランスコ、土地所有明確化で登記庁と協力(12/15)

首都圏のオフィス需要、来年は13%増見込み(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン