ミャンマー学生代表、国際ロボコンで総合6位

米首都ワシントンで7月16~18日開かれた「国際ロボットコンテスト」(主催は米非営利組織=NGOのファースト・グローバル)で、ミャンマーの学生チームが163チーム中、総合6位の好成績を収めた。電子メディアのイラワジが7月29日伝えた。

ヤンゴン工科大学やヤンゴン情報技術大学などの学生(17~18歳)7人からなるチームは、浄水技術に関連したロボットを製作。世界各国から参加した163チームの中で、6部門中5部門で好成績を収め、総合6位に入った。リーダーのティハ・チョーさんは「予想もしていなかった」と喜びを語った。チームの広報担当者チョー・ザ・ゾー氏は「国中の若者が身近な資源を生かし、ロボコンのようなSTEM(科学、技術、工学、数学)の国際舞台で活躍してほしい」と話した。

ロボコンは、科学・技術革新への熱意を持った若者を支援することを目的としたもの。ミャンマーでは最大都市ヤンゴンにある非営利の起業家支援ラボ「ファンディヤル」が2月、米国国際開発庁(USAID)の支援を受けて大会参加者を募り、高校生と大学生から成るチームを編成、指導に当たってきた。

総合優勝は欧州チーム。2~5位はポーランド、米国、イスラエル、ドイツの順だった。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

モン州の洪水で千人避難、40年で被害最悪(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン