• 印刷する

感染源は渡り鳥か、養鶏場からの検出ゼロ

上海市当局が市内の養鶏場やニワトリを扱う市場などから採取した血液サンプル7,185本のうち、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)が検出されたサンプル20件が全て市場からのものであることが10日までに明らかになった。これを受けて農業省は、同市で感染が広がっているインフルエンザウイルスの感染源は養鶏場ではなく、渡り鳥など外的要因によるものの可能性が高いと指摘している。新聞晩報が伝えた。

上海市警察当局は今月6日から食用の鳥の殺処分を行っており、8日までに計約10万羽以上を処分した。また同時に市外からの生きた鳥の搬入禁止措置を開始し、貨物トラックなどへの検問も実施。検疫当局は、出国者の体温検査を行うなどしている。

上海市周辺地区は渡り鳥の休息地として知られており、国家林業局はこれまでに野生の鳥の血液サンプル300本を検査しているが、H7N9型ウイルスは検出されていないという。同局は今後、浙江省、江蘇省、安徽省、湖北省などに調査範囲を広げて感染源の特定を急ぐ方針だ。<全国>


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国と通貨スワップ延長、人民銀(10/23)

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(10/23)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン