海外の航空6社、新たなフィリピン路線検討

フィリピンの観光省は、中国系の格安航空会社(LCC)など外資6社が、フィリピン路線の増便を検討していると明らかにした。地元紙マニラスタンダードが伝えた。 テオ観光相によると、中国西部航空が重慶―セブ、タイ国際航空傘下のLCC、タイ・スマイル航空がバンコク―セブ…

関連国・地域: 中国タイマレーシアシンガポールフィリピン
関連業種: 運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:デジタルの世界はゼロか…(06/04)

アヤラ系電力、豪社に出資 9千万豪ドル、再生エネ事業拡大(06/04)

コロナ感染新たに751人、累計1万9748人(06/04)

破棄先送り「コロナ影響」、米軍地位協定で比国防相(06/04)

民放最大手会長は比国民、司法省見解(06/04)

首都圏の通勤混雑深刻、ジプニー運行禁止で(06/04)

賃料支払い猶予、外出制限緩和で修正(06/04)

経済区庁、税優遇の現状維持を再度要請(06/04)

コロナで失業者450万人に、経済開発庁(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン