海外の航空6社、新たなフィリピン路線検討

フィリピンの観光省は、中国系の格安航空会社(LCC)など外資6社が、フィリピン路線の増便を検討していると明らかにした。地元紙マニラスタンダードが伝えた。 テオ観光相によると、中国西部航空が重慶―セブ、タイ国際航空傘下のLCC、タイ・スマイル航空がバンコク―セブ…

関連国・地域: 中国タイマレーシアシンガポールフィリピン
関連業種: 運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

経済区庁、税制優遇は「条件付き」(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン