• 印刷する

テイクオフ:マレーシアで13日から…

マレーシアで13日から、映画「この世界の片隅に」の上映が始まった。日本では2016年11月に封切られ、口コミを中心に評判が広がって、異例のロングランとなった作品。1944年2月、広島市から隣の呉市に嫁いだ18才の主人公すずの日常を、「戦時下」を中心に描いている。

公開後初めての週末、郊外のモールにある上映館へと向かった。ひどい体調不良だったのだが、自分にとって「人生史上で最も印象深い作品のひとつ」が、マレーシアでどんな反応を得るのか知りたかった。大掛かりな宣伝はなかったはずだが、座席はほぼ満席で、ほとんどがマレーシア人だった。年代も幅広い。

反応はよかったようだ。エンドロールで席を立つ人もいなかった。視点によって、いろいろな見方があるテーマを扱うだけに一義的な評価は難しいが、ぜひ多くのマレーシア人にも、見てもらいたいと思う。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:配車サービスで呼んだ車…(06/20)

大型3車種の19年モデル投入 文秀ホンダ、前年度の販売維持へ(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

RM=25.9円、$=4.17RM(19日)(06/20)

プロトンの新SUV「X50」、年内にも発売(06/20)

RAPID稼働で精製燃料の「純輸出国」に(06/20)

石油エンジのセルバ、カタールなどで受注(06/20)

マレーシア、タイと陸路通関を24時間体制に(06/20)

MAVCOM、空港税見直しで新提案(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン