タイのトランスポート、国際バス乗入れ計画

タイで長距離バスを運行する国営トランスポートのチラサック社長は、ミャンマー、インドとをつなぐ路線に参入する計画を明らかにした。バンコクポスト電子版が18日伝えた。

タイ北西部ターク県メソトからミャンマー側のカイン(旧カレン)州ミャワディを経由し、ミャンマー北西部ザガイン管区のタムを経てインド側のモレに至るルートを想定している。

ベトナム中部のフエやダナンまでを結ぶ路線や、タイ南部からマレーシア、シンガポールに至る路線の運行も検討している。

チラサック社長は「乗り入れ国の認可が必要」と説明。タイの陸運局と計画を協議し、タイの外務省、運輸省の承認を取った上で、相手国に計画を示す方針だ。

ミャンマーなどを念頭に「少数民族(武装勢力)問題を抱える国もあり、安全確保も大きな課題だ」とも述べた。

トランスポートは現在、15の国際路線バスを運行。うち13路線はタイとラオスを結んでいる。


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(19:09)

金取引所の建設計画を提出、事業者協会(01:57)

ホテル予約イージーステイ、3年で10倍目標(12:35)

〔寄り道〕首都ネピドーの空港で拳銃などを…(10/20)

「メコンIT化へ電力商機」 シーメンス地域社長、受注獲得へ(10/20)

政府の最賃引上げ案、労使間に溝(10/20)

ウッドサイドの採掘延期、提携社は継続強調(10/20)

財政赤字補てん、一部を中銀から借り入れ(10/20)

ヤンゴン火災で邦人死亡、中心部のホテル(10/20)

制裁を要請、ロヒンギャ迫害で米議員団(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン