タイのトランスポート、国際バス乗入れ計画

タイで長距離バスを運行する国営トランスポートのチラサック社長は、ミャンマー、インドとをつなぐ路線に参入する計画を明らかにした。バンコクポスト電子版が18日伝えた。

タイ北西部ターク県メソトからミャンマー側のカイン(旧カレン)州ミャワディを経由し、ミャンマー北西部ザガイン管区のタムを経てインド側のモレに至るルートを想定している。

ベトナム中部のフエやダナンまでを結ぶ路線や、タイ南部からマレーシア、シンガポールに至る路線の運行も検討している。

チラサック社長は「乗り入れ国の認可が必要」と説明。タイの陸運局と計画を協議し、タイの外務省、運輸省の承認を取った上で、相手国に計画を示す方針だ。

ミャンマーなどを念頭に「少数民族(武装勢力)問題を抱える国もあり、安全確保も大きな課題だ」とも述べた。

トランスポートは現在、15の国際路線バスを運行。うち13路線はタイとラオスを結んでいる。


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

太陽光で「安心して勉強」 パナが無電化村の学校に寄贈(07/13)

〔寄り道〕色とりどりの玉飾りがついた…(07/13)

【予定】13日 トランプ米大統領が初訪英ほか(07/13)

米がビザ発給停止、ミャンマーなどに制裁(07/13)

中銀、国内銀行の外資出資比率を精査(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン