運転免許、10人中6人が無試験で取得

インドで運転免許証を保有している国民のうち、10人に6人が試験を受けていないことが分かった。交通安全を訴える非営利組織(NPO)「セーブライフ・ファンデーション」が調査した。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が16日伝えた。

大都市5カ所を含む10都市を対象に調査した。無試験の割合が高かったのは北部ウッタルプラデシュ州アグラで、回答者の88%に上った。西部ラジャスタン州ジャイプールは72%、北東部アッサム州グワハティは64%といずれも高水準。首都ニューデリーと西部マハラシュトラ州ムンバイはそれぞれ54%、50%だった。連邦議会(下院)に試験を受けずに免許を取得した議員がいることも分かっている。

国内には997カ所に道路交通局(RTO)があり、更新分を含めて年間11億5,000万枚の免許証を交付している。平均で1カ所のRTOが1日40枚を交付している計算だが、最高裁判所は2014年、人材不足の観点から1日最大20枚の交付が限界と指摘していた。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの住まいに決めた…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

パタンジャリ、ECに参入 独自サイト設立、大手と連携も(01/24)

アショク、小型商用車の輸出5倍増目標(01/24)

車部品ルーカスTVS、EVモーター生産へ(01/24)

日商会頭がインド訪問、経済関係の発展を議論(01/24)

WEFの包括的成長指数、印は74カ国中62位(01/24)

投資先としての魅力、インドは世界5位(01/24)

インフラ基金の運用、まずは港湾と物流(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン