中国系投資集団、首都圏で5件の不動産開発

中国のコングロマリッド「北京五洲投資集団」は、向こう5年間で計5件の不動産開発を実施する計画だ。インドネシアの不動産開発子会社シンデリ・プロパティンド・アバディを通じて、今年11月に1件目を着工する。17日付コンタンが伝えた。 シンデリの呉畏最高経営責任者(CEO…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャワ島中部のウォノソ…(06/21)

5月訪日客数、前年比27%増 格安エアアジアXが客層を拡大(06/21)

イオン、ウナギ資源保護 履歴管理強化(06/21)

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(06/21)

クンダル工業団地、開業1年半で41社が入居(06/21)

空港鉄道、19日からブカシまで運行拡大(06/21)

年内は航空機の基本運賃の値上げ認めず(06/21)

保険IAG、アジア3社を東京海上に売却(06/21)

首都空港スカイトレイン、9月に6両編成に(06/21)

タンゲラン―メラク高速、今週末渋滞ピーク(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン