先端技術の新興企業育成、規格生産性革新庁

シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)の投資機関SPRINGシーズ・キャピタルが、先端技術の開発を手掛ける新興企業の育成プログラムを始動する。共同出資者を募り、最大で総額1億Sドル(約82億2,000万円)を投資する計画だ。

対象となるのは、政府が進める企業の研究開発(R&D)、イノベーション(技術革新)の支援計画「RIE2020」で重要分野と位置付けられる◇先進的な製造業とエンジニアリング(AME)◇保健・バイオ医療科学(HBMS)◇都市ソリューションと持続可能性(USS)――の3分野。SPRINGシーズ・キャピタルは共同出資者と共に、起業後2~3年内の有望な新興企業を選定し、投資を行う。共同出資者は最大10年にわたる税の減免措置の適用が申請可能という。

今月19、21日には共同出資者の募集に関する説明会を実施。8月25日まで応募を受け付ける。

今回の方策は、政府が3月に打ち出した新興企業向けの包括的な支援策「スタートアップSG」の一環。政府が新興企業に出資する「スタートアップSGエクイティー」には2億Sドルの予算が振り向けられていた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

電子決済で仮想口座サービス シングテル、店舗・ECで利用可(07/21)

ネットリンク、上場初日は株価横ばい(07/21)

【アジア三面記事】ナイフで胸を(07/21)

IMDAと国内2社、中国・華為と3つの覚書(07/21)

アッドバリューの船舶通信システム、タイで導入(07/21)

シンガ飲食ヤクン1号店、首都に27日開業(07/21)

京都薬大とSIgN、iPS細胞の研究で成果(07/21)

OCBC、対金融犯罪のソリューション導入(07/21)

クアンビン輸出入、シンガ企業と物流会社(07/21)

UOB、越で銀行子会社設立の原則承認取得(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン