〔ポッサムのつぶやき〕スーパー大手2社、無料レジ袋を来年廃止へ

オーストラリアのスーパーマーケット大手ウールワースとコールズはこのほど、ビニール製の使い捨て無料レジ袋を来年中に全面廃止すると発表した。環境に配慮し、無料の使い捨てレジ袋の代わりに有料の再利用可能な袋の提供を促進するという。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

ウールワースと傘下の小売りチェーンであるビッグW、BWS、ダンマーフィー、セラーマスターズは、同グループで配布している年間32億枚以上の使い捨てレジ袋を、来年6月30日までに廃止するとしている。また、コールズも使い捨てレジ袋の全面廃止を進めると発表した。

ビニール製のレジ袋は自然分解に長い年月を要し、生態系への悪影響が問題視されていることから、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、西オーストラリア州の政府は環境団体クリーンアップ・オーストラリアと連携して無料レジ袋の廃止を進めている。

中堅スーパーのハリスファームは今年に入って再生可能な袋を利用するキャンペーンを開始しており、ウールワースやコールズもこれに追随した形だ。なお、ドイツ系スーパーのアルディは既に無料のレジ袋を配布していない。

無料レジ袋の禁止は南オーストラリア州、タスマニア州、北部準州、首都圏特別区で既に採用されているほか、クイーンズランド州でもまもなく実施される予定。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の知人が、オース…(09/21)

生保退職年金、行動規範発表 保険料の上限設定など提案(09/21)

豪競争委、4大銀合併禁止政策精査を要請(09/21)

火電の石炭調達問題、電力価格上昇の恐れ(09/21)

〔政治スポットライト〕アボット前首相、クリーンエネ目標に猛反対(09/21)

中国鉄鋼生産と鉄鉱石価格はピーク=RBA(09/21)

シドニーの住宅市場、過去1年冷却傾向に(09/21)

〔ポッサムのつぶやき〕オージーはもっと外国語を、日本語も人気(09/21)

通信TPG、携帯電話事業に9億ドル投資へ(09/21)

豪国債利回りが半年来の高水準、経済好調で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン