ベトナムの石化プラント、SCGが投資決定

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)は14日、ベトナム南部で建設計画を進めていた石化プラントへの投資を決定したと発表した。事業費は54億米ドル(約6,077億円)。2022年上半期(1~6月)の稼働を見込む。 子会社を通じて71%を出資するロンソン・ペトロケミカルズ(…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 化学建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイには政府が管理して…(06/20)

タイ企業の対インド投資拡大 過去3年で4倍に、巨大市場狙う(06/20)

日産EV、地方電力公団が家庭用充電を支援(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

都市間高速7路線の事業化を検討=運輸省(06/20)

水資源・治水対策の20年計画を承認=内閣(06/20)

7月中旬にガス田メンテ、南部で節電要請(06/20)

タイのイチタン、ダゴンとエナジー飲料発売(06/20)

LPGのミツウロコ、タイ同業に8.71%出資(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン