テイクオフ:韓国元外交官の徐ヒョン…

韓国元外交官の徐ヒョンソプ氏の話を聞く機会があった。徐氏といえば、韓国で約20年前にベストセラーになった「日本はある」の著者。同書は、韓国KBSの記者が日本に駐在した3年間の体験を基に執筆した「日本はない」に対抗して書かれた。日本では、「日本の底力」という名前で出版された。

徐氏は、1990年に来日した盧泰愚元大統領が宮中晩餐会で行ったスピーチに雨森芳洲のエピソードを盛り込んだ人でもある。対馬藩の儒者であった雨森芳州は今でこそ、朝鮮との外交や通商で「誠心」の姿勢を貫き、日韓双方から評価されているが、当時はあまり知られていなかった。

徐氏は日韓関係において、互いを無視すること、疑うこと、さらに嫌うこと、これらの3つの要素を除去することがメディアの役割だと訴える。肝に銘じて、今後も韓国経済の報道に携わっていきたい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(15:34)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(17:03)

5G技術で世界に発信、南北首脳会談(18:25)

ブロックチェーン事業を本格化、SKT(18:25)

SKハイニックス、1Qの営業利益は8割増(18:25)

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書(18:28)

CJオーショッピング、東欧同業を買収へ(18:25)

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資(18:28)

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン