テイクオフ:香港で約10店の実店舗…

香港で約10店の実店舗を持ち、通販サイトも展開するアパレル店を訪れ、店員に洋服の試着を頼むと、「できない」との一言が返ってきた。耳を疑い、目を丸くして試着室を見つめながら再確認したが、無駄だった。

未使用であれば1回限りの商品交換が可能という。ただ扱う商品は全てワンサイズで、交換の場合は別のデザインを選択しなければいけないが、事前の試着はまたお断り。結局は購入しても着ることのできないリスクが高い。良心的な値段で可愛いデザインのものばかりなのに、サービスは非常に残念だ。

商品の体験ができない実店舗に存在価値はあるのかと頭を抱える。日本のきめ細かいサービスと比較して、こちらでは便利な通販を選んでしまうのもしょうがないと思う消費者は少なくないはずだ。アジア圏で電子商取引(EC)が普及する理由の一つのように感じる。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信アパレル・繊維商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人工知能(AI)時代に…(09/21)

7割が複数の生産モデル採用 珠江デの香港企業、経営課題も(09/21)

HKMA、新興市場に10億米$投資へ(09/21)

MPFに中央データ管理導入、PwCが提言(09/21)

反発、自動車銘柄が相場の支え=香港株式(09/21)

台風13号の保険金29億パタカに、金融当局(09/21)

NGO運営の格安賃貸住宅計画が始動、社聯(09/21)

インフラの新創建、17年は増収増益(09/21)

恒隆会長、本土新興業者は自身を過大評価(09/21)

ファミリーマート、小包発送サービスを開始(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン