テイクオフ:香港で約10店の実店舗…

香港で約10店の実店舗を持ち、通販サイトも展開するアパレル店を訪れ、店員に洋服の試着を頼むと、「できない」との一言が返ってきた。耳を疑い、目を丸くして試着室を見つめながら再確認したが、無駄だった。

未使用であれば1回限りの商品交換が可能という。ただ扱う商品は全てワンサイズで、交換の場合は別のデザインを選択しなければいけないが、事前の試着はまたお断り。結局は購入しても着ることのできないリスクが高い。良心的な値段で可愛いデザインのものばかりなのに、サービスは非常に残念だ。

商品の体験ができない実店舗に存在価値はあるのかと頭を抱える。日本のきめ細かいサービスと比較して、こちらでは便利な通販を選んでしまうのもしょうがないと思う消費者は少なくないはずだ。アジア圏で電子商取引(EC)が普及する理由の一つのように感じる。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信アパレル・繊維商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(19:14)

広告VGI、物流ケリーに23%出資を計画(19:30)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

中小景況感がさらに改善 2Q調査、域外に積極展開の動き(04/24)

3月のCPI上昇率2.6%、0.5P縮小(04/24)

日清とカゴメ、野菜飲料の販売合弁(04/24)

旅行会社が沖縄ツアー中止、はしか流行で(04/24)

メーデーの本土団体ツアー、1日300団体(04/24)

マカオの3月旅行者9%増、2カ月プラスに(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン