【イスラエル革新】熱帯の酪農をIoTで克服へ 生産量が大幅増、HCM市と試験

イスラエル外務省傘下の国際開発協力機構(MASHAV)とホーチミン市農業・地方開発局が、ホーチミン市郊外で共同運営しているハイテク酪農のデモファームが成果を上げている。熱帯気候の同市は酪農に適さないと言われてきたが、モノのインターネット(IoT)を使った牛の管…

関連国・地域: ベトナム中東欧州
関連業種: IT・通信農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ビンF、手頃な高級車で勝負 電動スクーターは年産25万台体制(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

郵船ロジ、ダナンで自社倉庫を開所(04/26)

【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(17)(04/26)

車部品の展示会「オートメカニカ」が開幕(04/26)

通信事業者に課税へ、遠隔地サービス拡充で(04/26)

タインコンと現代の合弁、小型トラック発売(04/26)

フエの空港、旅客ターミナル来年着工(04/26)

不動産ナムロン投資、株式21%入札へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン