ロヒンギャに移動の自由を=国連高等弁務官

6日までミャンマーを訪問していた国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ高等弁務官は、イスラム教徒の少数民族ロヒンギャらの国内避難民約12万人が出ている西部ラカイン州の問題について「移動の自由を認め、生計手段を確保することが、解決への第一歩」と述べた。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

5月のFDI、製造業が好調 10件で全体の9割占める(06/18)

鉄道監視で新システム導入、日本が支援(06/18)

キリンの寄付、軍に渡る?=ミャンマー子会社(06/18)

ロヒンギャ調査委設置、国内外から痛烈批判(06/18)

国軍が国連支援に不快感、ロヒンギャ帰還で(06/18)

ラカイン漂着難民、92人はロヒンギャと確認(06/18)

投資委、認可企業に年次報告書の提出義務化(06/18)

ヤンゴン議員、郊外の11工業団地新設に反対(06/18)

英大使館、野生生物保護で短編映像コンテスト(06/18)

ヤンゴン、25年までに地下水利用を禁止へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン