• 印刷する

ロッテリア社名変更、総合外食チェーン強調

韓国の大手外食チェーン「ロッテリア」が、「ロッテGRS」に社名を変更した。ロッテリアは多数の外食ブランドを抱えるが、ハンバーガーチェーンのイメージが強い。新たな成長ビジョンを示す社名に変更することで、総合外食チェーンとして飛躍し、海外攻略にも一層力を入れる構えだ。4日付毎日経済新聞が伝えた。

「GRS」は「グローバルレストランサービス」の略だ。同社は2008年の創立30周年に、18年にはアジアトップ3入りするという中長期ビジョンを発表している。その時期が迫る中、より積極的に世界事業に取り組む考えだ。

ロッテGRSはハンバーガーをはじめ、コーヒーやドーナツの専門店、ファミリーレストランなど計7ブランド、約2,500店を韓国で運営。また、ベトナムや中国、インドネシアなど海外7カ国で約290店を展開している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(02/15)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン