軍系議員が国連調査拒否を要請、政府も同調

ミャンマー国軍系野党、連邦団結発展党(USDP)の議員は、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題への国際社会の介入を防いでいないとして、国民民主連盟(NLD)政権を批判した。電子メディアのイラワジが伝えた。 国軍の元参謀長のフラ・テイ・ウィン下院議…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

16年度車両登録13万台に復調 累計94.5万台、トラックに勢い(01/24)

ロヒンギャ帰還見通せず、政府と難民隔たり(01/24)

石川が開幕戦の雪辱期す、男子ゴルフ第2戦(01/24)

MCジーンズが国内外で販促、1割増収狙う(01/24)

仏ドゥコーとFMI、バス停広告事業を落札(01/24)

KBZ銀、法人納税額6年連続1位(01/24)

Ooredoo、今年も4G網拡充に注力(01/24)

イラワジ川交通改善2月着工、夜間航行可に(01/24)

IFC、コーポレートガバナンス評価を支援(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン