• 印刷する

GLP、身売り先候補から正式な買収提案

シンガポール政府系の物流不動産大手グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は3日、身売り先の最終候補から正式な買収提案を受けたと発表した。相手の名前などは明らかにしていない。

GLPは2月、複数の企業・グループから買収の打診を受けていると発表。6月上旬には、同月末まで身売り先候補から正式な買収提案を受け付けると明らかにしていた。一部報道によると、少なくとも中国・北京を拠点とする厚朴(HOPU)投資管理と資産運用会社ヒルハウス・キャピタル・グループなどから成るコンソーシアム(企業連合)、米投資会社ウォーバーグ・ピンカスと香港を拠点とする物流不動産大手イーシャン・レッドウッド(ESR)のグループの2者がこれに応じたもようだ。

事業戦略見直しのために設置された社外取締役4人から成る特別委員会が外部のアドバイザーと共に、それぞれの提案を精査する。検討が完了し次第、またはこの件で何かしら重大な進展があれば適切に公表するとしている。


関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/21)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

空港の商業施設、開業半年で5千万人集客(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン