土壌汚染防止法を制定へ、意見公募開始

中国の立法機関である全国人民代表大会(全人代)はこのほど、「土壌汚染防止法」の草案に対する意見公募(パブリックコメント)を開始した。中国で初めて土壌汚染の防止について包括的に定める法律の立法作業が本格化する。

土壌汚染を防止し、農産品の安全と国民の健康を守り、土壌資源の永続利用を実現することを立法目的とする。草案では土壌汚染に対する政府、企業、個人の責任や義務を明確化。政府は10年ごとに全国の土壌汚染状況を調べる「土壌環境状況センサス」を実施することなども規定している。

意見公募は7月27日まで。詳細は全人代のウェブサイト<http://www.npc.gov.cn/COBRS_LFYJNEW/user/UserIndex.jsp?ID=8324829>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

インド製品に貿易救済措置、商務省が仮決定(10/20)

大家楽、中国華東の全店舗を今月内に閉店へ(10/20)

22年冬季五輪施設、北京・河北で全面着工(10/20)

テイクオフ:上高地から歩いて8時間…(10/20)

【新サウスチャイナ】ワタベ、ニーズつかむ重要性 香港現法10周年機に攻勢へ(10/20)

7~9月のGDP6.8%増 1年半ぶり減速、通年は目標超過へ(10/20)

鴻海、IDGと自動車技術関連のファンド(10/20)

1~9月の鉱工業生産6.7%増、上期から減速(10/20)

中国宇通、マイクロバス販売10倍増目指す(10/20)

周大福、7~9月の香港・マカオ販売2桁増(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン