土壌汚染防止法を制定へ、意見公募開始

中国の立法機関である全国人民代表大会(全人代)はこのほど、「土壌汚染防止法」の草案に対する意見公募(パブリックコメント)を開始した。中国で初めて土壌汚染の防止について包括的に定める法律の立法作業が本格化する。

土壌汚染を防止し、農産品の安全と国民の健康を守り、土壌資源の永続利用を実現することを立法目的とする。草案では土壌汚染に対する政府、企業、個人の責任や義務を明確化。政府は10年ごとに全国の土壌汚染状況を調べる「土壌環境状況センサス」を実施することなども規定している。

意見公募は7月27日まで。詳細は全人代のウェブサイト<http://www.npc.gov.cn/COBRS_LFYJNEW/user/UserIndex.jsp?ID=8324829>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

テイクオフ:深センにあるIT大手に…(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

下半期の経済成長に自信 発改委、米中貿易摩擦も対応可能(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン