土壌汚染防止法を制定へ、意見公募開始

中国の立法機関である全国人民代表大会(全人代)はこのほど、「土壌汚染防止法」の草案に対する意見公募(パブリックコメント)を開始した。中国で初めて土壌汚染の防止について包括的に定める法律の立法作業が本格化する。

土壌汚染を防止し、農産品の安全と国民の健康を守り、土壌資源の永続利用を実現することを立法目的とする。草案では土壌汚染に対する政府、企業、個人の責任や義務を明確化。政府は10年ごとに全国の土壌汚染状況を調べる「土壌環境状況センサス」を実施することなども規定している。

意見公募は7月27日まで。詳細は全人代のウェブサイト<http://www.npc.gov.cn/COBRS_LFYJNEW/user/UserIndex.jsp?ID=8324829>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

観光への影響長期化に懸念 バリ火山、中国人の減少が打撃に(12/15)

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

日系各社、福利厚生で工夫 大気汚染対策や語学学習で駐在支援(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

11月の鉱工業生産、6.1%増で伸び鈍化(12/15)

海外からの対中投資、1~11月は9.8%増(12/15)

東部ミャワディ都市開発、吉林亜泰が投資か(12/15)

国有企業のガバナンス強化、国務院が指示(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン