バス100台が7月到着、プノンペン

カンボジアの首都プノンペンは、7月にバス100台の引き渡しを受ける予定だ。公共路線バスの運行ルート拡大に活用する。国営カンボジア通信が19日に伝えた。

プノンペンでは2014年に公共バスの運行が始まり、現在は3路線で、保有車両57台のうち45台が使われている。運行時間は午前5時30分から午後8時30分までで、運賃は1,500リエル(約40円)、障害者や高齢者などは無料。

プノンペンは、公共バスの運行ルートを新たに5路線増やす計画だ。日本政府もプノンペンの公共路線バスのインフラ整備を支援している。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

【地方選2017】二大政党制の時代へ 地方選で野党躍進、最終結果発表(06/26)

就職フェアに3万人、エバージョブズ(06/26)

配車ウーバー、首都で試験走行を開始(06/26)

ピーペイ、飲食店などでの決済アプリ提供へ(06/26)

南西部ココンの新空港、18年1月に着工(06/26)

車両識別番号をQRコード管理、年内開始へ(06/26)

ポト派法廷審理結審、元最高幹部が責任否定(06/26)

ラオスのダム建設前進へ、事前協議を終了(06/23)

〔寄り道〕困ったのはトイレでも、食べ物…(06/23)

JICA支援の信号システム、4割弱が稼働(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン