バス100台が7月到着、プノンペン

カンボジアの首都プノンペンは、7月にバス100台の引き渡しを受ける予定だ。公共路線バスの運行ルート拡大に活用する。国営カンボジア通信が19日に伝えた。

プノンペンでは2014年に公共バスの運行が始まり、現在は3路線で、保有車両57台のうち45台が使われている。運行時間は午前5時30分から午後8時30分までで、運賃は1,500リエル(約40円)、障害者や高齢者などは無料。

プノンペンは、公共バスの運行ルートを新たに5路線増やす計画だ。日本政府もプノンペンの公共路線バスのインフラ整備を支援している。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

在カンボジア米企業、9割が利益増を予測(08/18)

上場5社の上半期決算、増益は1社のみ(08/18)

シンガのクリスエナジー、23日に油田生産契約(08/18)

中銀、銀行間のネット取引基盤を整備(08/18)

環境保護へ新法案、年内に国会提出(08/18)

サッカーU14国際大会を開催、GFAソリヤ(08/18)

【カンボジア経済通信】電力セクターの改善に向けて 第321回(08/18)

香港ランドが商業区画開業 来店目標5千人、消費の新名所に(08/17)

政府債格付「B2」に据置き、ムーディーズ(08/17)

4~6月の与信申請、前期比15%減(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン