バス100台が7月到着、プノンペン

カンボジアの首都プノンペンは、7月にバス100台の引き渡しを受ける予定だ。公共路線バスの運行ルート拡大に活用する。国営カンボジア通信が19日に伝えた。

プノンペンでは2014年に公共バスの運行が始まり、現在は3路線で、保有車両57台のうち45台が使われている。運行時間は午前5時30分から午後8時30分までで、運賃は1,500リエル(約40円)、障害者や高齢者などは無料。

プノンペンは、公共バスの運行ルートを新たに5路線増やす計画だ。日本政府もプノンペンの公共路線バスのインフラ整備を支援している。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

靴の特恵関税適用、縫製協会が米国に請願(10/19)

バングラへのコメ輸出に遅れ、最終合意まだ(10/19)

米開発庁系、農家融資に最大1500万ドル(10/19)

外資の建設投資認可、1~9月は3.5億ドル(10/19)

JCインター、シエムレアプ―重慶線に就航(10/19)

がん死者年間1万人、対策訴え=地場病院(10/19)

観光客最多は日本人、紛争舞台プレアビヒア(10/19)

【カンボジア街歩き】「風が落ちた!」、乾期の訪れを喜ぶ 第9回(10/19)

人工衛星発射は21年以降、事業費1.5億ドル(10/18)

国際空港3カ所の利用者、1~9月は26%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン