ラインのテーマパーク、23日に一部開業

「ライン・ビレッジ・ストア」の店内=19日、バンコク(NNA撮影)

「ライン・ビレッジ・ストア」の店内=19日、バンコク(NNA撮影)

スマートフォン向け無料通信アプリ「LINE(ライン)」のキャラクターのテーマパーク「ライン・ビレッジ・バンコク」が23日、タイの首都バンコクで一部開業する。同テーマパークを運営するタイ企業ファイヤー・ドラゴン・インターナショナルが19日に明らかにした。世界初のラインキャラクターのテーマパークとなる。

ライン・ビレッジ・バンコクの開設費は5億バーツ(約16億4,000万円)。バンコク中心部の商業施設「サイアムスクエア・ワン」の3フロア、計1,500平方メートルのスペースにキャラクターグッズの販売店「ライン・ビレッジ・ストア」(200平方メートル)とテーマパーク「ライン・ビレッジ・バンコク」(1,300平方メートル)を建設中で、23日にライン・ビレッジ・ストアが開業する。ラインのキャラクターグッズ約2,000種類を販売するほか、スナックバーでドリンクやスナック菓子を提供する。

テーマパークの開業は年末を予定しており、入場料は800バーツ程度になる見通し。全面開業後は年間1,200万人の来場を見込む。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

JBIC、金属熱処理ナガトのタイ事業支援(18:15)

テイクオフ:マスクを付けているとけ…(02/21)

【変革するタイ農業】東北部から有機牛乳を発信 デアリー、大手小売りに販路開拓(02/21)

ラオス通信がIPO計画、今年は53億円投資(02/21)

富士フイルムが新型カメラ、BNK48を起用(02/21)

日立が国営郵便の電子化支援へ、私書箱など(02/21)

デジタルID事業、日系OMISEが協力(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

タイ大林、TCC複合施設の建設受注(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン