プロドゥア、工場敷地内にエコパーク着工

エコパークの着工を発表したプロドゥアの幹部=スランゴール州(同社提供)

エコパークの着工を発表したプロドゥアの幹部=スランゴール州(同社提供)

マレーシアの国民車メーカー、プロドゥアは19日、スランゴール州ラワンのメイン工場敷地内で、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を実践する「プロドゥア・エコパーク」を着工したと発表した。10月までの完成を予定する。

プロドゥア・エコパークの面積は1,500平方メートル。主要生産整備の中心部に位置し、水耕栽培の農園や従業員が休憩できる緑地エリアなどを含む。エコパーク内の電力は太陽光発電とし、再充電可能な電池を用いることで、温室効果ガスを排出しない仕組みとするほか、建造物は工場から出る廃材を活用している。エコパークの整備費は30万リンギ(約780万円)。

同社のアミナ・ラシッド・サレー最高経営責任者(CEO)は、「環境に配慮した事業運営をさらに向上させ、全面的なグリーンオートカンパニーになるという最終的なゴールに到達したい」とコメントしている。

プロドゥアは6月1日に「プロドゥア・エコマンス」イベントを開催し、アミナCEOら幹部がエコパークの開設を社員に向けて発表した。

エコパークの外観図(プロドゥア提供)

エコパークの外観図(プロドゥア提供)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日の一時帰国は、日本…(12/13)

起業家イベントGEC2017が開幕 日系20社が出展、提携を模索(12/13)

ビューティガレージ、同業HARUを子会社化(12/13)

イオン、家具合弁会社の株保有率引き下げ(12/13)

RM=27.8円、$=4.07RM(12日)(12/13)

省エネ車の比率、22年には8割に拡大(12/13)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(143)(12/13)

MyHSR、国際鉄道連合に加盟(12/13)

通信マルチメディア将来構想、犯罪対策強化(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン