首都空港の第4ターミナル、19年に着工へ

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港の第4ターミナル建設計画で、2019年の着工を目指す方針を示した。設計の最終段階である詳細設計(DED)に既に着手したとの報道もあったが、AP2のアワルディン社長は、DEDの着手は来年になると修正した。19日付インベストール・デイリーが伝えた。

アワルディン社長は、第4ターミナルは、同空港のマスタープラン(基本計画)に含まれていなかったことから、DEDの着手には時間を要すると述べた。

第4ターミナルは、30万平方メートルの土地に建設予定で、年間処理能力は2,200万人を見込んでいる。昨年8月に運用を開始した第3ターミナルは、今年は2,700万人の利用が見込まれており、早くも2,500万人の年間処理能力を上回る見通しだ。

スカルノ・ハッタ国際空港の16年の年間利用者数は5,800万人で、今年は6,000万人に達する見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅アパートの賃貸契約…(12/13)

11月新車販売は9万台強に 主要3メーカー苦戦、昨年並みか(12/13)

東洋エンジ、国営肥料にIoTシステム導入(12/13)

仏IPPが風力・太陽光発電所3件に関心(12/13)

JJC、経営者協会と協力促進で覚書締結(12/13)

特定品目の輸出入、国内海運の利用を義務化(12/13)

豪インドネシアFTA、年内締結は望み薄か(12/13)

首都政府、ワンストップ化「モール」が盛況(12/13)

ガルーダ航空、配車アプリのグラブと提携(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン