首都空港の第4ターミナル、19年に着工へ

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港の第4ターミナル建設計画で、2019年の着工を目指す方針を示した。設計の最終段階である詳細設計(DED)に既に着手したとの報道もあったが、AP2のアワルディン社長は、DEDの着手は来年になると修正した。19日付インベストール・デイリーが伝えた。

アワルディン社長は、第4ターミナルは、同空港のマスタープラン(基本計画)に含まれていなかったことから、DEDの着手には時間を要すると述べた。

第4ターミナルは、30万平方メートルの土地に建設予定で、年間処理能力は2,200万人を見込んでいる。昨年8月に運用を開始した第3ターミナルは、今年は2,700万人の利用が見込まれており、早くも2,500万人の年間処理能力を上回る見通しだ。

スカルノ・ハッタ国際空港の16年の年間利用者数は5,800万人で、今年は6,000万人に達する見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

増えるムスリム、ハラルに商機 インドネシアの10社見本市でPR(06/26)

【書籍ランキング】6月8日~6月14日(06/26)

豪人、保護主義懸念で米への信頼低下(06/26)

ニュースPICK UP(06/26)

浜名ワークス、工場稼働へ 現地販売目的の初の海外拠点(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

自動車部品製造29社が倒産、生産コスト増で(06/23)

首都圏LRT建設費、1兆6千億ルピア縮小(06/23)

ナンバー規制、二輪車にも適用を検討(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン