首都空港の第4ターミナル、19年に着工へ

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港の第4ターミナル建設計画で、2019年の着工を目指す方針を示した。設計の最終段階である詳細設計(DED)に既に着手したとの報道もあったが、AP2のアワルディン社長は、DEDの着手は来年になると修正した。19日付インベストール・デイリーが伝えた。

アワルディン社長は、第4ターミナルは、同空港のマスタープラン(基本計画)に含まれていなかったことから、DEDの着手には時間を要すると述べた。

第4ターミナルは、30万平方メートルの土地に建設予定で、年間処理能力は2,200万人を見込んでいる。昨年8月に運用を開始した第3ターミナルは、今年は2,700万人の利用が見込まれており、早くも2,500万人の年間処理能力を上回る見通しだ。

スカルノ・ハッタ国際空港の16年の年間利用者数は5,800万人で、今年は6,000万人に達する見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

アジアのLNG市場拡大に100億ドル支援(10/19)

テイクオフ:先週末、首都ジャカルタ…(10/19)

遠隔医療の情報技術売り込み 日系IT5社、病院展示会に出展(10/19)

MNC、医療機器リースで2桁成長目標(10/19)

セイノー、今月末にも低温物流事業を開始(10/19)

首都圏への家畜輸送事業、民間の参画誘致へ(10/19)

西パプア沖合の観光地に航空路線開設へ(10/19)

西ジャワ州知事、配車アプリ規制は設けない(10/19)

人工島G建設解禁で事業改善=ムーディーズ(10/19)

1~9月の自動車輸入額、前年同期比23%増(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン