鉱業Jリソーシズ、北スラ州で2金鉱開発へ

インドネシアの鉱業Jリソーシズ・アジア・パシフィックは、北スラウェシ州ドウプとパニで金鉱区を開発する。推定埋蔵量はドウプが120万オンス、パニが20万オンスで、開発にはそれぞれ2億米ドル(約222億円)、1億米ドルを投資する。19日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ウィリ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

保険IAG、アジア事業の売却を検討(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

テイクオフ:インドネシアでも電子商…(02/15)

有望ランク後退も満足度は上昇=JBIC(02/15)

45年の人口3.2億人に、開発企画庁(02/15)

インドネシアの債権回収、ワースト7位(02/15)

16年の国内EC取引額は75兆ルピア(02/15)

ゴジェックへの出資、ジャルム子会社も(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン