鉱業Jリソーシズ、北スラ州で2金鉱開発へ

インドネシアの鉱業Jリソーシズ・アジア・パシフィックは、北スラウェシ州ドウプとパニで金鉱区を開発する。推定埋蔵量はドウプが120万オンス、パニが20万オンスで、開発にはそれぞれ2億米ドル(約222億円)、1億米ドルを投資する。19日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ウィリ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅アパートの賃貸契約…(12/13)

11月新車販売は9万台強に 主要3メーカー苦戦、昨年並みか(12/13)

東洋エンジ、国営肥料にIoTシステム導入(12/13)

仏IPPが風力・太陽光発電所3件に関心(12/13)

JJC、経営者協会と協力促進で覚書締結(12/13)

特定品目の輸出入、国内海運の利用を義務化(12/13)

豪インドネシアFTA、年内締結は望み薄か(12/13)

首都政府、ワンストップ化「モール」が盛況(12/13)

ガルーダ航空、配車アプリのグラブと提携(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン