鉱業Jリソーシズ、北スラ州で2金鉱開発へ

インドネシアの鉱業Jリソーシズ・アジア・パシフィックは、北スラウェシ州ドウプとパニで金鉱区を開発する。推定埋蔵量はドウプが120万オンス、パニが20万オンスで、開発にはそれぞれ2億米ドル(約222億円)、1億米ドルを投資する。19日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ウィリ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

【アジア三面記事】次こそパパのキスを阻止(06/15)

【予定】15日 日銀総裁会見ほか(06/15)

【訃報】石井善昭氏(元NEC副社長)ほか(06/15)

【予定】14日 金融政策決定会合ほか(06/14)

NNAインドネシアセミナー、法務など解説(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン