アジア最大級のVR遊戯施設、7月高雄に

義聯集団が高雄市で運営する複合商業施設「義大世界(イーダー・ワールド)」の遊園地「義大遊楽世界(イーダー・テーマパーク)」に7月、仮想現実(VR)技術を応用したアジア最大級のアトラクション「VRステーション」がオープンする。

19日付工商時報などが伝えた。VRステーションは敷地面積約1,000坪で、投資総額は1億台湾元(約3億7,000万円)。利用客はVR専用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着し、動画が360度投影された空間の指定コースを自由に回遊する。オープン当初は◇廃虚の病院を舞台にした「白色懼塔」◇地下鉄にゾンビが出現する「失控地鉄」◇封印された財宝の謎を解き明かす「奪宝奇謀」◇3Dキャラクターになって探索する「VR方城市」――の4作品を展開。料金は義大遊楽世界の入場料に含まれる。

VRを集客に活用する動きは台湾のレジャー業界で広がっており、2016年12月には六福旅遊集団の「六福村主題遊楽園」が、スマートフォン台湾大手・宏達国際電子(HTC)のVR専用HMD「HTC Vive(バイブ)」を使った「VR飛天魔毯(空飛ぶじゅうたん)」をオープン。尚順開発の複合商業施設「尚順育楽世界(シャンシュン・ワールド)」では今年1~2月に台湾唯一の5Dシネマコンプレックス「尚順育楽天地」で、可動するシートとVRのHMDが融合した作品を限定上映した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:特攻隊員が暮らした兵舎…(06/26)

増えるムスリム、ハラルに商機 インドネシアの10社見本市でPR(06/26)

【書籍ランキング】6月8日~6月14日(06/26)

鴻海が中国昆山を研究基地に、4千億円投資(06/26)

台湾認定の優良製品、タイの見本市に初出展(06/26)

日米韓連合と27日契約へ、東芝半導体(06/26)

米韓台のスチレンにAD調査、商務省が開始(06/26)

クアルコム社長、5Gなどで台湾企業と協力強化(06/26)

中華電信が台湾初の4CA、来月末開始へ(06/26)

めっき製品のカ輝、米国で電炉工場建設を検討(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン