〔政治スポットライト〕与党支持率、横ばいの47%=野党依然リード

調査会社ニュースポールがこのほど実施した世論調査で、2党間支持率の与党保守連合(自由党・国民党)の支持率は前回比横ばいの47%となり、野党労働党の53%(横ばい)を下回った。過去3カ月に実施された同調査では、いずれも労働党が与党をリードしている。二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない発電手段を推進する新たな環境政策「クリーン・エネルギー・ターゲット(CET)」を巡り、与党内で意見が対立していることなどから、与党の支持率回復が遠のいてる。オーストラリアンが伝えた。

ニュースポールは6月15~18日、1,786人の有権者を対象に調査を実施した。政党間支持率は、◆保守連合:36%(前回比横ばい)◆労働党:37%(1ポイント上昇)◆緑の党(グリーンズ):9%(1ポイント低下)◆ワンネーション党:11%(2ポイント上昇)◆その他:7%(2ポイント低下)――となり、ワンネーション党の支持率は過去3カ月で最も高い水準となった。

「好ましい首相」については、ターンブル首相の支持率が44%と前回から1ポイント低下した。労働党のショーテン党首は前回から2ポイント低下の31%となり、依然としてターンブル首相の支持率がショーテン党首を大きく上回っている。一方、ショーテン党首の実績を問う質問では、◆満足:32%(1ポイント低下)◆満足していない:55%(2ポイント上昇)◆どちらでもない:13%(1ポイント低下)――だった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のクリスマスはオー…(10/19)

豪家計負債の拡大は高リスク シティが警告(10/19)

9月の自動車輸出7%増、豪向け出荷が拡大(10/19)

RBA、金利当面据置きか=外部圧力屈せず(10/19)

豪新エネ政策、SA州やQLD州などが批判(10/19)

新エネ政策、AGLの石炭火電閉鎖に影響か(10/19)

NSW地方集落、再生可能エネで電力自給(10/19)

BHPがニッケル生産倍増、日本市場も視野(10/19)

リオ、鉄鉱石復調傾向で年産目標達成に自信(10/19)

英リバティ、リオのアルミ事業買収で交渉か(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン