テイクオフ:週末の深夜、バンコク中…

週末の深夜、バンコク中心部のスクンビット通りをほろ酔い状態でうろついていると、歩道がとても歩きやすくなっていることを改めて実感した。言わずもがな、タイ政府が、びっしりと並んでいた屋台の撤去を進めた結果だ。

スクンビット通りやシーロム通りの歩道の一部は以前、屋台によって極端に狭くなっており、確かに歩きにくかった。せっかちな性格のため、歩くたびにイライラしていたが、いざなくなると寂しい。知人らも「タイらしさの象徴である屋台がなくなったのは残念」と口をそろえる。

10年近く通い続けたお気に入りの麺やカオマンガイ(チキンライス)の屋台はもうない。店主は元気にしているだろうかとふと心配になったが、タイ人のたくましさも忘れてはならない。今ごろどこかのソイ(小路)で、同じ屋台をさらに繁盛させているかもしれない。(黒)


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:修学旅行で乗車したバス…(12/13)

【SET企業の戦略】水産の巨人TU、中国に挑戦 アリババと組んで販路を構築(12/13)

パナが電池生産10%増強、10億円超を投資へ(12/13)

イオン、家具合弁会社の株保有率引き下げ(12/13)

自動車展の受注台数、23%増の約4万台(12/13)

プラEPG、豪トラック部品ディーラー買収(12/13)

PTTEP、大学とビーチ清掃ロボット開発(12/13)

給油所サスコ、3年後に300店体制目指す(12/13)

物流JWD、20年までに年商170億円目標(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン