テイクオフ:週末の深夜、バンコク中…

週末の深夜、バンコク中心部のスクンビット通りをほろ酔い状態でうろついていると、歩道がとても歩きやすくなっていることを改めて実感した。言わずもがな、タイ政府が、びっしりと並んでいた屋台の撤去を進めた結果だ。

スクンビット通りやシーロム通りの歩道の一部は以前、屋台によって極端に狭くなっており、確かに歩きにくかった。せっかちな性格のため、歩くたびにイライラしていたが、いざなくなると寂しい。知人らも「タイらしさの象徴である屋台がなくなったのは残念」と口をそろえる。

10年近く通い続けたお気に入りの麺やカオマンガイ(チキンライス)の屋台はもうない。店主は元気にしているだろうかとふと心配になったが、タイ人のたくましさも忘れてはならない。今ごろどこかのソイ(小路)で、同じ屋台をさらに繁盛させているかもしれない。(黒)


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「怖がらなければ、何が…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

1~3月の輸出11%増 主要品目が拡大、通年8%増見込(04/24)

東亞合成、樹脂加工製品の素材工場(04/24)

SCG傘下のプラ企業、越の同業に追加出資(04/24)

アリババ、輸入品の非課税枠拡大を要請(04/24)

テスコ、店舗面積を60万平方フィート拡大(04/24)

CP、セブンのアジア太平洋展開に意欲(04/24)

コワーキングIWG、タイで2号店を開設(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン