阪急不動産、住宅開発で進出 合弁でカビテ州に868戸建設

阪急不動産(大阪市)は14日、フィリピンの住宅開発事業に初進出すると発表した。地場住宅開発PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメントと合弁会社を設立し、マニラ首都圏郊外のカビテ州ダスマリニャス市で868戸の戸建て分譲住宅を開発する。海外進出はベトナム、…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラにあるチャイナタ…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

日系2社がオフィス開発参画 京阪とサンケイビル、初の比事業(04/24)

電子部品加工FCMが事務所(04/24)

首都圏のオフィス面積、1Qは25万平米拡大(04/24)

BMWマレーシア、比と越に年内輸出開始(04/24)

不動産HG3、カビテ州で1万戸の住宅建設(04/24)

不動産ロビンソンズ、18年は246億ペソ投資(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン