阪急不動産、住宅開発で進出 合弁でカビテ州に868戸建設

阪急不動産(大阪市)は14日、フィリピンの住宅開発事業に初進出すると発表した。地場住宅開発PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメントと合弁会社を設立し、マニラ首都圏郊外のカビテ州ダスマリニ…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】6月8日~6月14日(06/26)

金宝電子、ダイソン向けフィリピン工場を増強(06/26)

ミンダナオの事業環境は平常 軍司令官が商工会に説明(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

武装勢力が人質解放、襲撃の学校から撤退(06/23)

三菱自、5月現地生産は過去最高の4323台(06/23)

PEZAの投資認可、今年4倍に拡大見通し(06/23)

海外送金は非課税、財務省が説明(06/23)

駐在員生計費、マニラは2年連続下落(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン