阪急不動産、住宅開発で進出 合弁でカビテ州に868戸建設

阪急不動産(大阪市)は14日、フィリピンの住宅開発事業に初進出すると発表した。地場住宅開発PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメントと合弁会社を設立し、マニラ首都圏郊外のカビテ州ダスマリニ…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

無線LANポイント、22年までに25万カ所へ(15:35)

テイクオフ:ターミナルに響く日本語…(10/19)

供給と需要両面に課題 20万台超のジプニー近代化(下)(10/19)

スチールアジア、同業買収断念し新施設建設(10/19)

欧州への輸出額、17年は100億ドル見通し(10/19)

政府のSNS利用、ICT省がルール策定へ(10/19)

18日為替:$1=51.405ペソ(↓)(10/19)

北ルソン高速道の車線拡幅、投資額は25億ペソ(10/19)

ATNが5億ペソ調達、石材供給強化へ(10/19)

再生エネ発電、26年に計540万キロワットに(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン