阪急不動産、住宅開発で進出 合弁でカビテ州に868戸建設

阪急不動産(大阪市)は14日、フィリピンの住宅開発事業に初進出すると発表した。地場住宅開発PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメントと合弁会社を設立し、マニラ首都圏郊外のカビテ州ダスマリニャス市で868戸の戸建て分譲住宅を開発する。海外進出はベトナム、…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

バタンガスに大型スーパー、ルスタンが着工(17:26)

適正価格のサリサリ、政府が優良店に認定(18:26)

全土のオフィス面積、23年までに4割拡大(15:59)

比アヤラ、MCTへのTOBが成功(18:40)

テイクオフ:フィリピンは1946年…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

ジプニー近代化政策が前進 優遇対象、8社に限定する案浮上(02/21)

ホンダ四輪、1万台のタカタ製部品無償交換(02/21)

JBIC、電線製造の三ッ星に融資(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン