テイクオフ:イスラム教の断食月(ラ…

イスラム教の断食月(ラマダン)もようやくラストスパートだ。この時期、イスラム教徒(ムスリム)ではない外国人さえも、なんとなく昼間の飲食店に出入りするのをためらいがちになる。

「食」に敏感になりがちなラマダンであるはずなのに、地上波TV1では毎年、大手スーパーの食品売り場に特設キッチンを構え、陽気に歌いながらごはんを作る番組が登場する。それも、通常時なら家族や友人と昼食を楽しんでいるはずの、週末の真っ昼間に。

マレーシア人コメディアンのシエラ・ラスリーさんがホストの「Ketuk-Ketuk Ramadan」という番組。これこそまさに「飯テロ」ではないかと思うのだが、今年で9年目を迎える人気番組という。日中食べ物を見せて食欲をあおって大丈夫なのか。ごはんを作るシエラさんの周りで手をたたいて歌っている皆さん、なんだか疲れているけれど。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

発電メガファースト、中国事業から撤退(18:56)

マ航空、2Qは7%増益=CEOが言及(18:35)

テイクオフ:僕は典型的な田舎の家庭…(10/19)

アジアのLNG市場拡大に100億ドル支援(10/19)

高速鉄道、11月から用地買収 ジョ州人工島駅の追加は協議中(10/19)

中電工、地場電気工事会社を買収(10/19)

ホンダ、堅調維持でシェア拡大=9月新車販売(10/19)

マ航空べリューCEO、突然退任を発表(10/19)

RM=26.5円、$=4.22RM(17日)(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン