テイクオフ:イスラム教の断食月(ラ…

イスラム教の断食月(ラマダン)もようやくラストスパートだ。この時期、イスラム教徒(ムスリム)ではない外国人さえも、なんとなく昼間の飲食店に出入りするのをためらいがちになる。

「食」に敏感になりがちなラマダンであるはずなのに、地上波TV1では毎年、大手スーパーの食品売り場に特設キッチンを構え、陽気に歌いながらごはんを作る番組が登場する。それも、通常時なら家族や友人と昼食を楽しんでいるはずの、週末の真っ昼間に。

マレーシア人コメディアンのシエラ・ラスリーさんがホストの「Ketuk-Ketuk Ramadan」という番組。これこそまさに「飯テロ」ではないかと思うのだが、今年で9年目を迎える人気番組という。日中食べ物を見せて食欲をあおって大丈夫なのか。ごはんを作るシエラさんの周りで手をたたいて歌っている皆さん、なんだか疲れているけれど。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、MCTへのTOBが成功(18:40)

デンマークのMRO企業、スバンの拠点を拡大(18:40)

テイクオフ:長野県生まれだが、故郷…(02/21)

総選挙日程に熱視線 融和か盤石の勝利か、区割り焦点(02/21)

総選挙、期日前投票の登録受け付け開始(02/21)

RM=27.4円、$=3.90RM(20日)(02/21)

ランヒル、タイで水処理施設の改修を受注(02/21)

ロハス、電力テナガから送電網2事業を受注(02/21)

ゴム手袋輸出が過去最高、世界で6割がマ製(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン