• 印刷する

ミニストップ、病院内に初出店

ミニストップベトナムは1日、ホーチミン市10区の国立ニードン第1小児病院内に新店舗をオープンさせた。病院内部への出店は同社にとって初めてで、子どもや付き添いの両親などの日用品や食品ニーズに応える。

 ミニストップベトナムは、病院内に初めて店舗をオープンした=1日、ホーチミン市

ミニストップベトナムは、病院内に初めて店舗をオープンした=1日、ホーチミン市

ホーチミン市保健局は昨年、所管する市内の全病院に対して院内環境の改善や院内で販売する食品の品質改善などを指示しており、既存食料品店の切り替えを検討していたニードン第1病院がミニストップの受け入れを決めた。

オープニングセレモニーで病院代表者が「安心できる健康的な商品を提供してほしい」と呼び掛けると、ミニストップベトナムの金森哲也社長も「安全・安心な商品で子どもたちを笑顔にしたい」と応じた。

ニードン第1は年末にはベッド数1,400床に拡張予定で、年内の外来患者は180万人を見込む市内でも最大規模の小児病院。初日は新店舗のレジ前に行列ができ、来店客は4,000~5,000人に達する勢いだ。新店舗も子ども向けのおもちゃやおむつ、ウエットティッシュのほか、付き添いで泊まり込む家族のためにゴザを取り扱うなど商品のラインアップを工夫する。またサンドイッチやおにぎりなどの総菜も入院患者からのニーズを見込まれている。ミニストップは7月にも同病院にもう1店舗を開業させる。

ミニストップベトナムの店舗数は80店目となり、年内に145店体制を目指す。今後も学校や病院といった若者の需要が大きな立地などに出店を加速させる方針だ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

中古機械の輸入、細則発表へ 製紙や木材加工の機械で規制緩和(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

未成約不動産、上位20社で年初から10%増(05/24)

サオマイ、デンマーク企業と米穀事業で覚書(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

木材・木工品の輸出額、1~3月は16%増(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン