• 印刷する

タイ長者、3年連続でタニンCP会長首位

米経済誌フォーブス・アジア(電子版)が5月30日に発表した2017年版のタイ長者番付で、大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループのタニン・ジラワノン会長と兄弟が3年連続で首位を維持した。資産額は前年比16%増の215億米ドル(約2兆4,000億円)。トップ10はおおむね変わらなかったが、石油化学インドラマ・ベンチャーズのアローク・ロヒア最高経営責任者(CEO)が新たに加わった。

上位陣では、免税店キングパワー・グループのウィチャイ・シーワタナパラパ会長が昨年の7位から5位に浮上し、昨年に5位だった生命保険タイ・ライフ・インシュランスのワニット・チャイヤワン会長と入れ替わった。長年10位を維持していたタクシン・チナワット元首相は11位に転落した。

1~6位まではそれぞれ資産額を前年比で2桁増やした。栄養ドリンク剤「レッドブル(クラティンデーン)」製造会社の創業家チャルーム・ユーウィタヤー氏は29%増の125億米ドルとなり、増加額はジラワノン一族に次いで2番目に大きかった。

8位のプラサート氏は、出資している私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(BDMS)、バンコクエアウェイズなどの株価が下落し、資産額の減少が目立った。

長者トップ50の資産の合計は前年比16%増の1,235億米ドル。3分の2以上が資産を増やした。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品建設・不動産運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの消費者ローンの不…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

19年上半期の輸出2.9%減 6期ぶりマイナス、対中輸出低迷(07/23)

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売(07/23)

アウディ、スポーツクーペの新型車発売(07/23)

物流IWDインフォ、倉庫投資で合弁事業(07/23)

不動産ラリンの予約販売好調、低層重視奏功(07/23)

PTT、RATCHの発電所に天然ガス供給(07/23)

中部ロッブリのダム、貯水量が5%に低下(07/23)

ガルフ、ベトナム風力事業で売電契約を締結(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン