中国製アルミ箔と抗生物質、AD関税対象に

インド政府は、中国製のアルミニウム箔(はく)と抗生物質の一種アモキシシリンに対して、反ダンピング(不当廉売、AD)関税を適用した。期間は通達日の5月16日から5年間。安価な中国製品の流入で国内産業が打撃を受けていることを適用の根拠に挙げた。 加工食品やたばこなど…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品化学・石化政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド南部タミルナド州…(06/18)

高まるサイバー犯罪リスク データ通信拡大、政府は対応急ぐ(06/18)

インド太陽光に大型投資へ、ソフトバンク(06/18)

大広、インドの広告制作会社に出資(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

リライアンス、炭素繊維の国内初生産を計画(06/18)

南部の州営製紙会社、252億ルピーで拡張(06/18)

家電バジャジ、地場調理器具メーカーを買収(06/18)

米製品30品目に報復関税、今週中に発動も(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン