北京のPM2.5濃度、4月は22%低下

北京市環境保護局は17日、4月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が53マイクログラムだったと発表した。前年同月比で22.1%低下し、直近5年間の同月の平均濃度としては…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

京滬高速鉄道、9月21日から350キロ運転(12:07)

テイクオフ:書籍と文具の見本市、上…(08/21)

H株指数の改革詳細を発表 レッドチップ組み入れ多様化へ(08/21)

海外投資を引き締め 4部門が発表、奨励・禁止で分類(08/21)

ダイオードの虹揚科技、3Qに上場へ(08/21)

AIA香港・マカオ幹部、「市場に潜在性」(08/21)

7省が年度目標達成、石炭の生産能力削減(08/21)

男女の賃金格差、過去10年で縮まらず(08/21)

BRICS銀が南アに拠点、融資活発化(08/21)

リサイクル産業取り締まり、環境対策で政府(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン