北京のPM2.5濃度、4月は22%低下

北京市環境保護局は17日、4月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が53マイクログラムだったと発表した。前年同月比で22.1%低下し、直近5年間の同月の平均濃度としては…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【ラオス経済通信】車両登録、5月は急増 第114回(06/29)

テイクオフ:頻繁に日中を行き来する…(06/29)

外商投資目録、17年版発表 ネガティブリスト30項目削減(06/29)

アジア系移民、欧州系上回る 豪国勢調査、海外生まれが26%超(06/29)

日月光とSPILの統合、中国認可は年末か(06/29)

ミャンマー経済見通し討論会、シンガ国際研(06/29)

中国副主席「香港は政治より経済に注力を」(06/29)

2Q成長率予測は6.8%、社会科学院(06/29)

中国銀行、本借りられるデビットカード発行(06/29)

上海汽車、19年からのインドでの生産を表明(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン