北京のPM2.5濃度、4月は22%低下

北京市環境保護局は17日、4月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が53マイクログラムだったと発表した。前年同月比で22.1%低下し、直近5年間の同月の平均濃度としては最低値となったものの、国が定める基準値の35マイクログラムを上…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、7カ月連続で中国が首位(02/16)

郵船ロジ、初の鉄道一貫輸送サービスを開始(02/16)

上海が半導体装置・材料基金、産業育成へ(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

中国製車両ホイール、AD関税継続を検討(02/16)

飲料タイビバ、17年10~12月は減収減益(02/16)

ヤンゴン空港、中国人客向け「べからず集」(02/16)

【カンボジア経済通信】中国首相が訪問、大盤振る舞い続く 第331回(02/16)

CSL、世界の製薬業界の買収合戦から距離(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン