PM2.5濃度は4.8%減、4月の大気状況

中国環境保護省(環保省)が16日発表した4月の大気汚染状況測定結果によると、地級市以上の338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は前年同月比4.8%減の40マイクログラムだった。国の基準値である35マイクログラムを依然上回っ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:愛用の自転車の後輪が走…(06/21)

大橋の通行予測を下方修正 車両1割減、利用促進に課題か(06/21)

環境と物流を中心に改善要望 日本商会の白書、公平性求める(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

UPS、3割超が受け取り選択サービス利用(06/21)

自動車のインターネット、標準化指針を公布(06/21)

フンセン首相、貿易戦争の影響調査を指示(06/21)

サービス貿易振興地域、雄安新区を追加(06/21)

JPモルガン、香港でIT人材を増員へ(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン